UA-101267586-1
消費税

プレミアム付商品券の申請受付が始まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアム付商品券とは

本年10月1日から予定されている消費税率の10%への引き上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため発行されるものです。

仕組み

全国の市区町村が対象者に商品券を発行・販売します。

商品券は販売額の25%割増(プレミアム部分)の券面金額になります。

一人当たり最大2.5万円の商品券を2万円で購入可能という仕組みです。

商品券の使用可能期間は2019年10月1日から2020年3月31日までとなっています。

対象者

対象者は2パターンあります。

住民税非課税の方

2019年度の住民税(均等割)が課税されていない方が対象になります。

住民税が非課税になる場合は次の3パターンがあります。

  1. その年の1月1日現在で、生活保護法による生活扶助を受けている
  2. 障害者、未成年者、寡婦(夫)の方で、前年の所得が125万円以下(給与収入なら204万4千円未満)
  3. 前年の所得が一定の所得以下

3.の前年の所得が一定の所得以下は前年の収入で計算すると以下の方が該当します。

(1)アルバイトやパートの給与収入が100万円以下
(2)65歳以上で年金受給のみの方は、年金収入が155万円以下
(3)65歳未満で年金受給のみの方は、年金収入が105万円以下
(4)事業収入のあるフリーランスや不動産収入等がある方は、収入から必要経費を引いた所得が35万円以下

フリーランスの方で赤字だからといって確定申告していなかった方は非課税認定もされていませんので急いで確定申告をしましょう。

なお、住民税が課税されている方に扶養されている方や生活保護の受給を受けている方は住民税が非課税であってもプレミアム付商品券の購入対象者にはなりませんのでご注意ください。

小さな乳幼児のいる子育て世帯

2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれたお子さまがいる世帯の世帯主が対象になります。

両方に該当する方

住民税非課税と小さな乳幼児のいる子育て世帯の両方に該当する方は両方の立場でそれぞれ商品券を購入することが出来ます。

購入方法

まずはお住いの市区町村から申請書を入手します。

多くの市区町村では住民税非課税の方には個別に郵送しているようですがお手元にない方は市区町村にご確認ください。

そして申請書に必要事項を記載して市区町村に提出すると9月頃に市区町村から商品券の購入引換券が届きます。

なお子育て世帯は申請不要で商品券の購入引換券が届くとのことです。

住民税非課税と小さな乳幼児のいる子育て世帯の両方に該当する方は両方の立場でそれぞれ手続きが必要ですのでご注意ください。

購入引換券で商品券が購入できるのは10月頃からの予定になっています。

商品券の使用方法

購入したプレミアム付商品券は、2019年10月1日から2020年3月31日までの最大6か月間(使用可能期間は市区町村が定めます。)、市区町村内の幅広い店舗で、商品やサービスの購入の際に使用することができます。 

使用可能店舗はお住いの市区町村にご確認ください。

まだ公表されていない自治体も9月以降順次公表されるものと思います。

注意点

商品券はお住いの市区町村のみで使用可能ですのでお引越しをされた場合は引越し前の市区町村で使い切る必要があります。

お釣りは出ませんので券面額以上の商品、サービスに使用しましょう。

使用可能期間中しか使えませんので使い残しの無いようにしましょう。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。