UA-101267586-1
雑談

岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭in横浜アリーナ2019に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭in横浜アリーナ2019に行ってきました!

私は、岡村さんのラジオは前身のナインティナインのオールナイトニッポンから聴いている、いわゆるヘビーリスナーですね。

放送開始が1994年で私が聞き始めたのが中学1年生1995年からですからかなりの古株リスナーです。

しかも当時から今でも毎週欠かさず聴いています。

中学高校当時は録音したテープを3回は聴いていました。(さすがに今は1回聴く程度ですが)

オールナイトニッ本も全冊持っています。

この歌謡祭にも第1回から毎回参戦しています。皆勤賞です。

岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭とは

いわゆるラジオイベントですね。

岡村さんのオールナイトニッポンのリスナー向けイベントです。

岡村さんは「カラオケ大会」とも表現されますが音楽フェスと思っていただければいいと思います。

岡村さん、ゲストの方が各自数曲を歌唱、演奏されます。

ラジオ番組のイベントなので通常の音楽フェスよりはMC(トーク)が長めといったところでしょうか。

途中、番組でも行っているクイズコーナーなどがあったりしますが基本的には音楽がメインのイベントです。

さて、15時30分開場、16時30分開演で今年の流れは・・・

岡村さん登場

スタートはもちろん岡村さんの登場です。

ドラマ仕立てのオープニングで始まり岡村さんが銃で撃たれて倒れてしまいます。

倒れて動かなくなってしまった岡村さんに「オッカムラ、オッカムラ」のコール。

倒れながら手を動かして煽る岡村さん。

岡村コールがピークに達したところで岡村さんが復活し毎年恒例の「POISON(反町隆史)」です。

知念里奈

さて、ゲスト1組目はチンネンさんこと知念里奈さんです。

岡村隆史のオールナイトニッポン校歌である「DO-DO FOR ME」をモヒカン先生(バックダンサー)とともに披露です。

しかし、いつから校歌になったんでしたっけ?

学校???

ロバート秋山竜次

次はロバート秋山先生です。

曲は「琉球の華」でした。

曲の後はもちろん横浜アリーナに届いたFAX紹介(いつもの無茶振り)です。

例年以上にノリノリだった秋山先生。

秋山先生の本領発揮でしたね!

May J.

次は毎年出演皆勤賞の橋本っちゃんことMay J.さんです。

曲は「JET STREAM – Mr.Lonely」、そして、「さいざんす・マンボ」と番組に関係する曲です。

毎年番組ゆかりの曲を歌ってくれてありがたいですね。

スペシャルコーナー

次に初の試みスペシャルコーナーがありました。

内容は「岡-1グランプリ 歌ウマ王座決定戦(正確なタイトル覚えてません)」ということで4人のシークレットゲストが1曲ずつ歌唱し岡村さんが審査委員長として点をつけるというものです。

インパルス堤下さん

一人目はインパルス堤下さん。

昨年末の岡-1をフリップ芸で制した堤下さんです。

歌ったのはサザンオールスターズの「みんなのうた」でした。

審査委員長から「うっすらモノマネをしてしまったため」ということで得点は30点。

ちなみに100点満点です。

板東英二さん

2人目は板東英二さん。

歌ったのは「燃えよドラゴンズ!」でした。

審査委員長から「ベイスターズのお膝元でドラゴンズの歌を歌ってしまったため」ということで得点は堤下さんと同じ30点。

熊田曜子さん

3人は熊田曜子さん。

ほぼ毎回サプライズで出ているのでもはやサプライズでも何でもないです。

曲はKiroroの「長い間」をピアノ弾き語りで。

弾き語りは初めてとのことでしたが結構上手でしたよ。

得点はまさかのというか予想通りのというか100点満点です。

King Gnu井口理さん

4人目が今回の一番のサプライズでしたね。

ヌーさんことKing Gnuの井口理さんです。

頻繁に番組に出演するなど伏線はありましたがビッグサプライズですね。

さすがにバンドでの出演とまではいかなかったようですがお一人で安全地帯の「ワインレッドの心」を歌われました。

しかし、圧倒的な声量で歌い上げる、そしてまさかの花道を使うという大失態(審査委員長いわくです)をしてしまい得点は2点でした。

ということで熊田さんが優勝という茶番劇となりました(笑)

高須クリニック高須院長

次はこちらも常連の高須委員長です。

前回に引き続きSOFFet(ソッフェ)の「Beautiful Smile ~NO MUSIC, NO LIFE.~」(高須クリニックのCM曲)をYoYo the “Pianoman”バンドが演奏しているところの指揮者としての出演です。

そして例年通りロバート秋山先生が途中で登場し「サンデーペニスファイ」のくだりをする流れですね。

五木ひろし

次は五木ひろしさんです。

「よこはまたそがれ」からの「TRY ME(安室奈美恵さんのカバー)」です。

リスナー待望のTRY MEを披露してくださいました。

しっかり生で聞くと当たり前かもしれませんがもの凄く歌が上手い!

岡村さんとのトークも面白くさすが厳しい芸能界を第一線で走り続けている方ですね。

その後、板東英二さんのプチ講演「ゆで卵と私」をはさみ、いよいよ岡村さんの登場です。

岡村隆史

1曲目はゴダイゴの銀河鉄道999です。

EXILEを意識したそうですがキーが高かったためゴダイゴバージョンのキーにされたとのこと。

この1曲目のみ写真撮影可でしたよ!

向かって左奥にトロッコに乗った岡村さんが現れてます。

一番近くに来た時の岡村さんです。

そして一周してステージに戻られました。

2曲目はORIGINAL LOVEの「接吻」でした。

3曲目はリスナー作の替え歌で「ルパン三世のテーマ」です。

タイトルは「五反田サード」になっていたようです。(岡村さんが五反田などで行くメンズエステの歌ですね)

その後、インパルス堤下さんのピンネタ(フリップ芸)コーナーをはさみ、次が今回のメインでしょう!

東京スカパラダイスオーケストラ

スカパラです。

生で観るのは初めてでしたがスカパラ最高でした!

もともとスカ(というかスカパンク)が結構好きでしたがやっぱりスカ最高!

1曲目「Glorious」でスタートし、2曲目「Paradise Has No Border」では岡村さんがサックスをもって登場し共演!

会場がこの日一番の盛り上がりになりましたね。

岡村さん、どうやら相当練習されたようです。

めちゃイケのオファーシリーズのような感じで練習されたのかもしれませんね。

そしてオールナイトニッポンといえばこの曲「ビタースウィート・サンバ」です。

その後、「パンドラタイムス」をバックになんと歌謡祭の中でハガキ職人対象の発表!

最後は岡村さんがヴォーカルで「めくれたオレンジ」を披露されました。

梶さん

毎年岡村さんの高校の同級生が出演されていた素人枠は今回は岡村さんの元マネージャーの梶さんでした。

曲は三代目 J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」。

梶さんは星稜高校の野球部OBということで星稜高校野球部のユニフォームを着て踊りも踊られていました。

ホブルディーズ

最後のアーティストは例年通りホブルディーズですね。

曲もお馴染み「月夜の星空」です。

何度聞いてもいい曲ですね。ジーンときます。

今年、再録版が発売されるとのことでした。

全員集合でエンディング

エンディングは全員集合です。

毎年どなたかの曲をもう一度みんなで歌うのですが今年はスカパラはセッティングの関係で難しいから無しかなとも思いましたが、なんと「TRY ME」でした。

チンネンさんがアクターズスクールの先輩安室ちゃんの曲を歌っているのに少し感動し、橋本っちゃんもやっぱり上手かったですね。

ヌーさんもソロパート有でしっかり歌っていましたよ。

次回の予告

これもいつもどおり次回の予告がありましたが次回は来年ではなく再来年、令和3年1月17日とのことです。

東京オリンピックの関係で横浜アリーナが押さえられなかったためのようです。

ヘビーリスナーの皆さん、令和3年1月17日にまたお会いしましょう!

終了は20時30分前、外はもうすっかり暗くなっていました。

ヘビーリスナーの皆さん、お疲れ様でした!

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。