UA-101267586-1
税理士試験

税理士試験短期合格術 理論の答案用紙(書き方・文字のサンプル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンについての投稿で具体的な書き方、字の崩し方については改めてお話しすると言っておきながらだいぶ時間がたってしまいました。

投稿のご要望もいただきましたのでお話ししたいと思います。

第68回(平成30年度)消費税本試験のTAC模範解答を実際に少し書いてみます。

私の最後の受験が第61回(平成23年度)の試験でしたのでもう約8年前になります。

現役当時の字と異なる可能性もありますが当時染みついた書き方でその後の仕事でのメモも書いていると思うので多分ほとんど変わりない字で本試験で書いていたと思います。

本当は答練の答案用紙が保管してあればよかったのですが全てキレイさっぱり捨てました。。。

次に法人税の模範解答も書いてみます。使われる用語が多少違いますからね。

最後に相続税の模範解答です。

単体の文字で見ると汚くて読めなくても文章の中に入ると前後の関係から読めるんですよね。

単体の文字でこれ、読めますか。

祝いに読めますね。。

単語にしてみます。

読めるような、読めないような。

文章にしてみます。

お分かりいただけたでしょうか。

一応この程度の文字で不合格になったことはないので一つのラインとしてご参考にしていただければ幸いです。

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。