各省庁の新着情報

キャッシュレスポイント還元が終了したらマイナポイントを取得しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年2019年10月から始まったキャッシュレス・ポイント還元事業ですが、いよいよ今月2020年6月末をもって終了します。

コンビニでの買い物などにポイント値引きがちょびっとついていたのが無くなると思うと少し寂しいですね。 

しかし、本年2020年9月からはマイナポイント事業として形を変えて還元が続きます。

マイナポイント事業とは

マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

マイナンバーカードの普及が一番の目的でしょうね。

個人的にはマイナンバーカードは便利に使っており預金口座の紐付けなど、どんどん進めて利便性を向上してもらいたいと思っています。

ただセキュリティに不安がある方や煩雑な申請手続きを嫌がられる方も多く普及が進んでいませんよね。

そこで皆さん大好き、私も大好きなポイント付与で普及促進を図ろうという狙いのようです。

マイナポイントとは

マイナポイントは、キャッシュレス決済を利用した際に付与されるポイント等の総称です。

マイナポイント付与までの流れは以下の通りです。

(マイナポイントHPより引用)

マイナンバーカードの取得が必要

まずはマイナンバーカードの取得をしておくことが必要です。

マイナンバーカードの取得については以前別の投稿にまとめました。

マイナンバーカードで電子申告、電子申請、国税も社会保険もできる

取得まで1か月程度時間がかかりますのでお時間のある際に手続きしておきましょう。

マイナポイントの予約

現在(2020年6月13日)マイナポイントの予約はできる状態です。

PC(マイキープラットフォームポータルサイト)やスマホから予約ができますし、それらをお持ちでない方は全国各地に設置されたマイナポイント手続スポットから予約できます。

それぞれの端末でマイナンバーカードを読み取り、4桁の暗証番号を入力すれば予約完了です。

暗証番号は3回連続で間違えるとロックがかかり、ロック解除と暗証番号再設定のためお住いの自治体窓口に行く必要がありますので注意しましょう。

マイナンバーカードの暗証番号は4桁のものと電子署名用の6文字から16文字のものの2種類ありますので混同して間違っていまわないように!

と、私がまさにそれで混同して間違い再設定する羽目になりました。。。

マイナポイントの申込

次のステップとして、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービスを1つ選択してマイナポイントの申込をしておく必要があります。

この申込みは2020年7月から始まります。

予約と同じくPC、スマホ、全国各地に設置されたマイナポイント手続スポットから申し込みできるようです。

マイナポイントの付与

マイナポイントの付与は2020年9月1日から始まります。

終わりは2021年3月31日です。

対象とする利用方法、対象とする最低利用額、付与されるタイミング等は決済事業者が決済サービスごとに決定します。

利用可能なキャッシュレス決済

マイナポイントの利用ができるキャッシュレス決済サービスは現在も募集中ですが、以下が現在登録されている主なキャッシュレス決済サービスです。

主要キャッシュレス決済は網羅されていると思います。

こちらのページから検索が可能でそれぞれのサービスごとに現在決まっている付与対象の利用単位や付与タイミングなどが確認できますよ。

どれくらいポイントがつくのか

還元率はチャージ額または購入額の25%で、上限5,000円分となります。

2万円のチャージまたは購入で上限に達する仕組みですね。

2020年9月1日~2021年3月31日まで期間は7か月ありますが早い人であれば9月中に使い切ってしまうかもしれませんね。

そう考えると急いでスタート時に申込しなくても問題なさそうですが、マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があるとのことなので早めに予約・申込しておいた方がよさそうです。

マイナポイントの利用

対象となるサービスごとに異なりますので、キャッシュレス決済サービス検索の詳細ページでご確認ください。

そのまま決済に利用できるもの、ユーザーの専用ホームページ等で別のポイントに交換することで決済に利用できるものなど、様々です。

子どものマイナポイントも申込できる

15歳未満の方の予約・申込については、法定代理人が行うことができます。

15歳以上の方の予約・申込については、やむを得ない場合には、本人に代わり法定代理人が手続を行うことができますが、特段の理由がなければ本人が手続を行うことが求められています。

マイナポイントは本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、子どものマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。

ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の別のキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

今後の情報に注意

大筋の流れは上記のようになっていますが来月2020年7月の申し込み以降の手続きは詳細が発表されていません。

今後の情報に注意してマイナンバーカード、マイナポイントをお得に利用しましょう!

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。